気になる“ふるえ”の正体 - 本態性振戦の基礎知識

本態性振戦とパーキンソン病のふるえの比較

ふるえが原因で受診される患者さんの多くは本態性振戦とパーキンソン病ですが、これらは症状が少し異なります。以下にその違いをまとめました。

本態性振戦 パーキンソン病
発症しやすい年齢 中年以降に多いが、若い方にも発症する 中高年に多いが、まれに若い方でも発症する
ふるえが起こる部位 手、頭、声 手、足
ふるえの特徴 動作時、特定の姿勢を取ったときに出現する 安静にしているときに出現する
経過 ゆるやかに進行する 徐々に進行する
症状 ふるえのみ ふるえ、筋肉のこわばり、動作がゆっくりとなる、歩行困難
書字 線が流れるなど大きく乱れる 文字が次第に小さくなってくる